« 大昔に遠くの人と文通をしてたときは返事して早くても3日? | トップページ | おそーいおひとり様ランチ »

2017年8月18日 (金)

中も外も遊びに見える

『活劇女優』第6話。
メンバー不足に演出力不足が話題に上がった途端、じつはそのどちらも兼ね備えた新人候補がいた、って。おそろしいほど不自然な展開、誰も止めようと思わなかったのか……?
長年特撮漬けのせいで完全に脳みそが毒されているんだろうか。特撮とアニメの違いも理解できないのは、プロとして拙すぎる。まさか、これもギャグとして受け入れてもらえると思ってるのか? だったら勘違い。フツーにつまらん。
コトが地元復興というネタを扱っているんだから、適当にお茶を濁すのは駄目なのよね。話のリアリティがなくなって、物語全体が茶番になる。
そのへんは『桜探索』も同じ。リアリティなネタを放り込んでおいて、解決策やそこに至る過程にリアリティがないから、全体として宙ぶらりんになる。
そもそも免許持ってる子供がいるからって、現場に大人がいなくても許可されるのか? 子供が見に来るショーなんだろ?
言っちゃ何だが実際の現場も相当やる気ないみたいだし、適当にやってんのかねぇ。

« 大昔に遠くの人と文通をしてたときは返事して早くても3日? | トップページ | おそーいおひとり様ランチ »