« 秋の乗り放題パスの旅(3) - トワイライトエクスプレス瑞風のお見送りと〇〇のはなし | トップページ | 鉄道の日 »

2018年10月14日 (日)

全人類に例外なく救いが備えられている ( 宗教 )

何かの信仰の真理について虜にする信念を持つ者達は、他の者達について、自分達と同様に信じるのでなければ救われることが出来ないことの判断を下すのが極普通のことであるが、しかし主はそれを禁じられた。マタイ伝、7. 1, 2、それにもかかわらず、私に多くの観察で、凡ゆる宗教により仁愛の生活を通して善の残りのものと、真理の外観を受け入れる方法で救われることが熟知されたものに為された。これらが「もし、十人が見つけられたなら、十人のために滅ぼされないこと」によって意味され、それらにより、もし残りのものがあったなら、彼らは救われることが意味された。(天界の秘義2284)
宗教の何かの事柄を信じなければ救われないとしたなら、それを信じることの出来ない他宗教の人や無宗教の人は救われません。神の救いはそのような不手際で片寄った限定的なものではなく、凡ての人に例外なくもたらされるものです。どのような宗教であっても、また道徳であっても、或いは法律であってもそれらによって隣人に悪を為すことの恐れが与えられ、その恐れによってそれらを力を尽くして守るなら、また隣人に役立つことを喜んで自分に与えられた役割、仕事、使命等を誠実に果すなら、それらの真理と善により、即ち主により救われるように備えられています。このことによって無宗教の人であれ、どんな宗教の人であれ全人類に例外なく救いが備えられています。法律、道徳、律法を守ることでは救われないこと、また善い働きを行っても救われないことを言うことは、他の人達の救いの機会を奪うことですので、これは決して言ってはならないことです。むしろ、法律、道徳、律法を守るように、また善い実を結ぶように教えるのが正しい宗教です。

« 秋の乗り放題パスの旅(3) - トワイライトエクスプレス瑞風のお見送りと〇〇のはなし | トップページ | 鉄道の日 »